歯科検診で健康な歯

歯科でのスケーリングとは

歯科でするスケーリングの方法

歯の健康が、全身の健康に繋がるので歯科の健診は今では欠かすことができないものです。定期健診では、まず虫歯の有無や歯茎の状態を確認します。その後で、磨き残しなどからできる歯石を取り除くことをします。これが、スケーリングというものです。その方法は、歯科により違いはありますが一般的にはスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、鱗を落とすように歯から歯石を取り除きます。そのために、スケーリングを受けたときには歯が敏感になり冷たいものがしみることや軽い痛みがでることも一時的にあります。しかし、歯の健康には欠かすことができないものです。

歯科医院のスケーリングの方法

歯科医院を受診したときに、歯石を取ったことがある人も多いでしょう。歯石除去のことをスケーリングと言いますが、いくつかの方法があります。まず、超音波の機械を使って振動で歯石を取っていく方法です。それほど痛みはありませんが、キーンとした音や、水が出るので歯にしみることがあります。また、歯科衛生士がスケーラーという器具を使って手で除去していくこともあります。超音波よりも時間はかかりますが、歯茎の中の歯石や細かい部分の歯石まで確実に取り去ることができます。1度に全ての歯石は除去できないことが多いので、何度かに分けて行います。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科でのスケーリングとは All rights reserved